【チェコワーホリ】ワーホリのビザ申請をしに駐日チェコ共和国大使館へ行った時のお話し。

スポンサーリンク

こんにちは。ユカ(yukapra8)です。

今回は駐日チェコ大使館までワーホリビザ申請をしに行った時のレポをしたいと思います。朝早くから新幹線に乗って、東京まで行きました。

スポンサーリンク

最短で広尾駅から駐日チェコ大使館までの道のり

東京駅から広尾駅まで東京メトロに乗って行きました。
広尾駅の2番出口が一番近いです。ちょうど広尾橋交差点に出れると思います。
広尾駅から駐日チェコ大使館の経路を地図で確認すると

結構遠いです。徒歩で11分と表示されてますが、坂道なので結構な運動になります。私はゆっくり歩いていたら20分程かかりました。

聖心女学院の周りをぐるっと越えることのなります。広尾の商店街を通って

f:id:ukapra:20190228215523j:plain

細めの坂道を登って、歩道が見えてきたら右折して、大きな家ばかりの閑静な住宅街を進むと…ひっそりと駐日チェコ共和国大使館が佇んでいました。

領事部の入り口はこちらではありません。

上に国旗があるので目の前通ったら分かると思います。

チェコ大使館の領事部の入り口

上の写真の正門横に小さな看板が立っていて、領事部の入り口についての情報が書いてありました。建物の右側に関係者専用入口っぽい見た目のガラス扉があって、ロックのかかっていました。

f:id:ukapra:20190228220318j:plain
領事部のガラス扉(内側から)

カラス扉の左横にインターホンがあります。ピンポーンと押したら領事部の方が出てくれます。ワーホリビザ申請予約をしていて来た旨を伝えたら「はい、あけます~」と言われ、ロックが開いた音がするので中に入りましょう。
この扉ですが、重くて動きも良くないので手で引っ張ってちゃんと閉めましょう。

到着は10時過ぎでした。

領事館でビザ申請

領事館の中に入るとすぐに階段があり、降りていくとイスとガラス越しに大使館の方々がいました。
順番待ちの伝票(郵便局みたいなやつ)は無いので待合の方々のアイコンタクトで私の番が来ました。その時は私以外に2人いました。
チケット売り場みたいなガラス越しでマイク?スピーカー?を通してお話をして提出書類を出しました。デスクにくぼんだ部分があって、そこに書類を入れると大使館の方がバーを引っ張ってガラスの向こう側に届くような仕組みになっていました。

そのあとは少し質問されたり、ビザ申請書に追加で記入する部分があったり、新たに渡された書類にサインをしたりしました。

私はワーホリビザの受領方法を郵送にしたので着払いのゆうパック伝票に住所を記入しました。ピンクの伝票です。

ここまでに何回も座って待っててくださいと言われ、また別の方の対応になって
またしばらくしたら私が呼ばれたりして、どの工程で手続き終了なのか分からなくてずっと待っていました。そのうちに人も増えてきてイスが足りないほどに。

この時点ですでに1時間半経過いました。

領事部のお部屋は地下で窓もなく小さなコンクリートの空間で、空調がついていなくて震えていたら小さめのエアコンがやっと作動しました。しかし、出入り口に繋がる階段まで吹き抜けなのでエアコンも全然効かず寒かったです。

無犯罪証明書のチェコ語訳の料金(@大使館)

イスで1時間くらい待っていると恐らくチェコ人の方が出てきて、英語でお話されて「無犯罪証明書のチェコ語訳の代金払ってください」と言われ、無犯罪証明書の翻訳代金を現金で支払いました。¥5,820でした。
私が¥6,000支払っておつりがなかったのかワタワタしてました。すまん。

ワーキングホリデービザ申請のインタビュー

その後、チェコ人に英語でどこか行ってきてもいいよ~と言われてどういうことか分からず軽めのランチをしてから再び戻ると領事部の方々はまだ対応に追われていました。

そのまま2時間ほど待って、領事館に来た方の対応が全員終わったらインタビューが待ち受けていました。インタビュー開始時間は14時頃でした。(この時点で到着から3時間半は経っています。)

そこからチェコ人と通訳の日本人の方と3人になって質問をされました。
 ・チェコにワーキングホリデーで具体的に何したいですか?
 ・今までは何されてましたか?
だいたいこんなかんじの内容でした。およそ1時間くらい会話しました。
領事部の方々が真顔で質問してくるので緊張したけど、通訳してもらえるので日本語で話して恐らくいい感じに通訳してもらって会話していました。
これで大丈夫なのかな?と不安になりましたがその後、また1時間ほど待ってチェコ内務省への推薦書を作成してもらい、サインをして終了でした。

ビザ申請にかかる時間

私が予約していた日が混んでいたのか、業務が滞っていたのかは不明ですがワーホリのビザ申請に5時間かかりました。めちゃくちゃ長いし、待ち時間が多いし、領事部の部屋が寒いし、とても疲れました。

なのでワーキングホリデーのビザ申請には1日かかると思っていたほうが良さそうです! その場にいた方々の手続き内容はよく分からなかったですが、ワーキングホリデーのビザ申請にきてるのは私1人だけだったと思います。

領事部の方が3人しかいない上、その方たちとのインタビューが対応する訪問者が誰もいなくなったあとに行われるのが5時間もかかった理由だと思います。個人情報を話すし、他に個室もないし、領事部の方も3人しかいないし、そりゃ時間かかるわな〜と思いました。領事部の開館時間って10:00~12:00までだったんちゃうんかい!と何回思ったことやら。

最後、帰り際に領事部の方から「ワーホリビザが下りたらまたメールにてご連絡しますが、約2ヶ月ほどお時間いただきます」と言われました。
パスポートはそのまま領事部の方に預けることになっているので、ビザの連絡が来て大使館からパスポートが届くまで海外にはいけないことになります。

ワーホリのビザ申請レポのまとめ

こんなに細かくビザ申請手続きについて記載していいのか分からないのですが、とにかく時間がかかりました。なので時間つぶしになるようなものでも持っていった方がいいと思いました。最寄りのコンビニも徒歩10分かかり、ただの住宅街ですので。
ワーホリのビザ申請に5時間もかからないといいのですが…。
あと、パスポートを約2ヶ月預けるということが若干心配になりました。あと、郵便でパスポートが送られてくるというのも心配でした。

私のこの記事が今後、チェコにワーホリしたい方の参考になれたら嬉しいです★

コメント

タイトルとURLをコピーしました